AIツールを使って誰でも効率良く稼げる方法を紹介

AI

本記事では、最近話題となっているAIツールを活用して効率的な収入を得る方法をお伝えすることを目的としています。

どんなAIツールで稼ぐ?

AIツールは、昔から存在していましたが、近年では、精度が大きく向上し、実用性に優れたものが存在していると言えます。

AIツールに関しては、主に以下のジャンルが注目されていると思われます。特に注目されているのは、赤字の2つのジャンルであると言えます。

  • 文章作成AIツール
  • 画像作成AIツール
  • 音声系AIツール
  • マーケティング関連ツール

今回は、上記の赤字ジャンルで稼ぐ方法を紹介します。

文章作成AIで稼ぐ方法

文章作成AIで有名なのは、国内ではcatchyと言われるサービスです。海外ではRytrと言われるサービスです。どちらもOpen.aichatGPTと言われるAIを使用していると言われています。

文章作成AIで稼ぐ方法では以下の仕事がおすすめです。

  • ライティング
  • ブログ
  • ディレクション
  • 営業代行

ライティング

文章作成AIの本職です。

AIに記事作成してもらい稼ぐ方法です。

具体的には、クラウドワークスやココナラなどのクラウドソーシング系のサービスで、記事作成、ライティング案件をこなして稼ぐ方法です。

AIツールで文章を作成→添削→クライアントへ→フィードバックを手作業で対応。

ポイント

AIツールを使用して文章を作成することは、クライアントにバレる可能性がありますが、使用自体が悪いことではありません。AIツールを使用して最速で納品まで行うことで、価値のある成果を出すことが可能です。そのことを、事前にクライアントに共有してから進めることをお勧めします。

ブログ

ブログを作成してアフィリエイトやアドセンス広告で稼ぐ方法です。

AIに記事を使用して文章を作成して、それを記事化します。その記事内にアフィリエイトリンクやアドセンス広告などを付ければ簡単にマネタイズ可能です。

AIで記事作成→アフィリンクを入れる

ポイント

AIによって作成された記事は、GoogleのSEO評価に弱い可能性があると考えられていますが、それはAIのみで作成された記事に限定されると考えられています。
1文毎にAIで作成させた文章を組み合わせてオリジナルの記事に仕上げる。もしくは一部分のみをAIで文章を作成するなどすれば解決する可能性があります。

ディレクション

企画書、提案書、指示書などの文章ドキュメントを作成する際に、文章の構成を整えたり、語彙を保管したりすることで、整った構成の文章を作成することができます。それにより、案件を受注したり、お客様からの信頼を得たりすることができ、それが稼ぎに繋がることができるでしょう。

ざっくり文章の骨組みを流し書きする→AIで丁寧に整える→人間の目で校正する

ポイント

人工知能を用いて文章を整えることはできますが、AIは完璧ではありません。時には、誤った文章を構成することや、全く別の意味を持つ言葉を選択してしまう場合があります。その為、最終的な文章を完成させるためには、人間の目で校正を行う必要があります。

営業代行

成約率の高い営業メールを送るためにAIに提案をもらったり、文章を作成してもらう。

営業メールを作成→AIでリライト→メールを大量に送る→反応の良いメールをストックしてく

ポイント

AIで「魅力的な文章にして」「心おどる文章にして」「購買意欲をそそる文章にして」などの指示を出すと対応してくれます。しかし行き過ぎた表現も多く返ってくるので、良いところは活かして最終的にオリジナルの文章にしましょう。

画像作成AIツールで稼ぐ方法

画像作成AIで有名なものはStable DiffusionMidjourneyです。これらも元を辿ればOpen.aiのAI技術らしいです。

画像作成AIツールで稼ぐ方法では以下の仕事がおすすめです。

  • デザイン
  • ディレクション

デザイン

デザインの仮案を作成する。

デザインの初期段階では、無から頭のイメージのみでデザインを構築していくので、クライアントとデザイナーの意図を合わせるのが一番難しい部分です。

そこで画像作成AIツールでイメージキーワードを入力して画像を作り、どれが一番イメージが近いかをクライアントと擦り合わせることで、認識合わせを効率化出来ます。

デザインのトンマナをAIで作る→クライアントに確認頂く→デザインのベースをAIで作る→クライアントに確認頂く→手作業でデザインを仕上げる

ポイント

デザインの初期段階での認識合わせで、工数を割くのは非常に不毛なので、AIで数分で様々なイメージを作成し共有しましょ。AIを使うのは時間効率を上げるためです。最終的にはデザイナーの手でクライアントが意図したデザインを作成する事は事前に伝える必要はあるでしょう。

ディレクション

デザインの仮案を作成する。

デイレクター対デザイナーでの認識合わせでも同じように使えます。
またディテクター対クライアントの間でも同じように使えます。

他にもAIツールは沢山ある

音声・音楽関連のAIツール

  • Google Magenta:Googleが開発した、オープンソースの機械学習ライブラリです。音楽を自動生成するために使用できます。
  • AIVA:AIVA(Artificial Intelligence Virtual Artist)は、人工知能(AI)を使用して音楽を自動生成するサービスです。
  • Flow Machines:Sony CSL Research Laboratoryが開発した、AIを使用して音楽を自動生成するソフトウェアです。
  • Jukedeck:Jukedeckは、AIを使用してユーザーの好みに合わせた音楽を自動生成するサービスです。

マーケティング関連のAI

  • Google Ads AI
  • Oracle Maxymiser
  • Salesforce Einstein
  • Adobe Sensei
  • IBM Watson
  • Microsoft Dynamics 365

AIは人間の仕事を淘汰出来ない

最後に私の考えを書きます。

AIは人間の仕事を淘汰する事は出来ないでしょう。
あらゆる仕事がAIに変わって、様々な人の仕事を奪う事は確かなことかも知れません。そこに危機感を覚える必要があります。しかし全ての人間の仕事を奪うと極端なものではありません。

今後の世界は”AIと共存する人間が勝つ”と考えています。

如何にAIを使いこなして、AIに働かせることが重要です。AIに使われず使う。その考えを持てば人間の仕事は淘汰されないでしょう。


以上が「AIツールを使って誰でも効率良く稼げる方法を紹介」でした。

今後の世界がどうなるか本当に楽しみです。

AI
この記事を共有する
スポンサーリンク
スポンサーリンク
KT LIFE
タイトルとURLをコピーしました