GA4を使用して旧バージョンと同じようにデータを取る方法

Data

今回は新しくリリースされたGoogleAnalytics4(以後GA4と表記)のデータと旧バージョンのanalyticsを接続して、GA4を使用しながら以前と同じようにデータを取得する方法を紹介します。

GA4にアップデートを行うと、以前とは少し変わった感じでデータが取得されます。特にPV数を日ごろ確認している方にとっては、イベント重視のデータが取得されるので数値が大きく変わってくるかと思います。
それでは困る事が多くあったので今まで旧バージョンを仕方なく使用していましたが、GA4を使用しながら以前の通りにデータが取得される方法がないか調べていたら、その方法があったので紹介します。

旧バージョンのグローバルサイトタグに接続

旧バージョンと同じようにデータを取得するには、旧バージョンで使用していた「UA-」から始まるグローバルサイトタグをGA4に接続します。

以下のページ(歯車マーク「管理」)からプロパティを選択して「UA-」から始まるプロパティ(旧バージョン)に移動して下さい。

プロパティの移動をしたら再び歯車マークの「管理」ページへ行き、トラッキングコードのページに移動して下さい。そこに「UA-」から始まるIDが記載されているのでコピーしときましょう。

次にGA4のプロパティに戻ってデータストリームをクリックしてウェブストリームの詳細を表示させて下さい。

そのページの下の方にある追加の設定の項目の一番目に接続済みのサイトタグのメニューがあります。これをクリックします。

ここに先程コピーした「UA-」から始まるIDを入力して接続します。これで旧バージョンとの接続は完了です。今後は以前と同じようにデータが取得されます。

旧バージョンを使ってGA4のデータを取得

また旧バージョンを使用しながらGA4の「G-」から始まるIDを使用してデータを取得する事も出来ます。
トラッキングコードのページの下の方に同じく接続済みのサイトタグとあるのでここい「G-」から始まるIDを追加すればOKです。


以上が「GA4を使用して旧バージョンと同じようにデータを取る方法」でした。

ここまでの流れをより詳しくは知りたい方は以下のアナリティクスのスタートガイドを読んで下さい。

三浦圭人

最後まで閲覧頂きありがとうございます。
Twitterでは更に細かくWEBリテラシーのネタを発信しています。是非フォローお願い致します。感想/ご意見頂けたら喜びます✨

DataAnalysis,Marketing

Posted by KT