仮想通貨のデリバディブ取引とは?無期限契約が盛んな取引所3選!

Exchange

仮想通貨の取引には、任意の通貨と通貨のペアを交換する「現物取引」と、少し先の未来の価格をあらかじめ取引する「先物取引」などを含めたデリバディブ取引というものがあります。

この記事では、そんな「デリバディブ取引」と解説と、デリバディブ取引でおすすめな取引所を3つ紹介します。

是非、参考にしてみて下さい。

デリバディブ取引とは?

デリバディブ取引とは「元の商品から派生した金融商品の取引」です。なので別名で「金融派生商品」と呼ばれています。

なのでデリバディブ=先物って意味では無く、デリバディブ取引には以下の取引があるとされています。
(外国為替証拠金取引(FX取引)なんかもその一つです。)

  • 先物取引
  • オプション取引
  • スワップ取引

ただ今回は、オプション取引とスワップ取引って言うやつもデリバディブ取引のひとつなんだ。そんな認識でOKです。

一般的にデリバディブ取引と言われた時は大体「先物取引」のことを指します。仮想通貨の取引所の「デリバディブ」欄もこの「先物取引」である事が大半なので、これから紹介する先物取引についての理解があれば仮想通貨業界においては基本OKです。

先物取引とは?

先物取引とは、将来の予め定められた期日に特定の商品をいくらで取引するか、契約時に決めた価格での売買を約束する取引です。取引所を通じて取引が行われます。

よく「ロング」と「ショート」って言葉が出てきますが、「ロング」は買い「ショート」は売り。を意味します。

「ロング」の買いはイメージに容易いと思いますが、「ショート」の売りに関しては、その通貨を持っていなくても証拠金となる資産を持っていれば参加する事が出来ます。

例えば、BTC/USDTの取引で50000ドルのBTCを1BTCショートした場合。決済時に40000ドルになっていれば差益が10000ドルなので、10000ドル儲けることになります。この時に先に50000ドル分のBTCを売却した事にして、40000ドルの時にBTCを購入した事になっているから利益になるのです。

ただし、反対に価格が上がってしまった場合は、あらかじめ持っている証拠金で決済されていきます。

前者の例でBTCの価格が60000ドルまで上がった場合。証拠金に10000ドルのUSDTを入れていたら、そのUSDTから引かれます

この様に未来の取引が出来るのが先物取引です。

そして、その金額に「レバレッジ」と掛け金を何倍にも出来る仕組みを使う事が出来ます。
レバレッジ20倍を使えば、儲ける金額も20倍になりますし、損失が出る金額も20倍になるという、非常にハイリスクハイリターンな取引が可能になるのです。

ただし先物取引には契約満期という概念があり、その満期に強制的に決済されてしまうという特徴があります。

それを克服した新しい取引が「無期限契約」と言われており、仮想通貨業界で最も多用されているデリバディブ取引になっています。

無期限契約とは?

無期限契約は、先物取引の契約満期が無いイメージです。

先物同様に将来の価格に対して取引を行い、その結果で利益を出します。
ただし無期限契約では、現物の価格(インデックス価格)を基準に価格が推移するため、先物特有の勝手な価格乱高下が無くなります。

そして売り手と買い手間で資金調達料と言われる利息の払い出しが行われるのも特徴です。

業界では、先物+スワップ+現物取引みたいなイメージで説明する人が多いです。

なのでスワップ取引と現物取引についての理解を深めればより理解出来るかと思われます。

個人的にまとめると、現物のような取引方法でレバレッジを賭けれる!ショート出来る!って理解で良いかと思ってます。

デリバディブ取引におすすめな取引所

基本的にどんな取引所にもデリバディブ取引はある事が多いのですが、ここについてはサーバーや利用者数が重要になってくるのでデリバディブ取引に力を入れている取引所を選ぶのがおすすめです。

そこで以下では、デリバディブ取引におすすめな取引所を3つ紹介します。
※全て日本語対応です。

Bitget

デリバディブ取引を主体としていて、2021年になり非常に話題に上がっている取引所です。

というのもBitgetでは「コピートレード」と言われるサービスを展開しており、そこで行われる取引のほとんどがデリバディブ取引です。

コピートレードで実際に手を動かす(取引する)ユーザーは提供してる側だけなのですが、コピートレードを利用する側にユーザーも取引している事になります。そのためデリバディブ取引のユーザー数が多くなる様に出来てます。

コインマーケットキャップのデリバディブ取引ランキングでは5位~10位を推移しています。

取引画面にはいろんなオプションがあって素人には難しいかも知れませんが、コピートレードもデリバディブ取引の一つだと考えたら最もおすすめな取引所です。

Bitgetの登録はこちら
招待コード:vcrr
最大$575分ボーナス

Bybit

この取引所はデリバディブ取引の大手だと思ってます。

多くのビジネス系インフルエンサーにも触れられた取引所であり、その一撃性に皆が注目した時期がありました。そんな経緯もあって現在ではデリバディブ取引と言ったらBybitと言われるくらい有名な取引所となりました。

またデリバディブ取引の通貨ペアも豊富で、中でも最近のメタバース銘柄のペアは非常に注目されています

コインマーケットキャップのデリバディブ取引ランキングでは3位~5位を推移しています。

デリバディブ取引に挑戦するなら必須な取引所です!

Bybitの登録はこちら
招待コード:22295
初回ボーナスあり

Kucoin

世界の取引所ランキングでは3位~5位を推移している超巨大取引所です。

先物取引も盛んで、いろんな通貨ペアがあります。個人的に利益が出た時、損失が出た時の、確認が非常に分かりやすく、サーバーも割と強くて気に入っています。

コインマーケットキャップのデリバディブ取引ランキングでは10位~15位を推移しています。

上記二つには正直叶わないのですが、取引したいペアが無い場合はKucoinで見てみるのも良いかも知れません。

Kucoinの登録はこちら
招待コード:r3MJQ7Q

以上が「仮想通貨のデリバディブ取引とは?無期限契約が盛んな取引所3選!」でした。

デリバディブ取引は大きな利益を指す事が出来る反面、損失も大きくなります。必ずリスクが伴う取引方法なので、取引の際は計画的に、もしくは余剰資金の範囲で行いましょう!!

Exchange
この記事を共有する
KEITOをフォローする
仮想通貨取引所3選❗️
Bybit

国内人気No.1!屈強なサーバー/信頼性抜群!トレーダー御用達の取引所。

招待コード22295
通貨数30種以上
超レバレッジ100倍!
スポット手数料0.0005BTC
先物取引手数料Maker:-0.025% Taker:0.075%
操作性スマホでも取引・入金できる
口座開設簡単に口座開設できる
日本語対応日本語対応あり・JPY利用可
特典下記から登録で 初回ボーナスあり
レビューレビュー記事は こちら
MEXC

豊富な通貨とイベント!草コインデリバディブで大きめの利益獲得。

招待コードmexc-ktt
通貨数1100種以上
手数料一律0.2%
最大レバレッジ125倍
操作性スマホでも取引・入金できる
口座開設簡単に口座開設できる
日本語対応日本語対応あり
特典下記から登録で 手数料割引10%
レビューレビュー記事は こちら
gate.io

銘柄数1213以上!最大手数料73%OFF。

招待コード6690951
通貨数1213種以上
超レバレッジ100倍!
出金手数料無料
先物取引手数料Maker:0.15~0.2% Taker:0.15~0.2%
操作性スマホでも取引・入金できる
口座開設簡単に口座開設できる
日本語対応日本語対応あり
特典下記から登録で 初回ボーナスあり
レビューレビュー記事は こちら
KT LIFE
タイトルとURLをコピーしました