Openai chatGPT(AI)でプログラミングコードを書く方法

AI

今回は、AI(chatGPT)を用いてプログラミングコードを書く方法をご紹介します。chatGPTは、簡単なHTML/CSSからPythonやGAS、JavaScriptなど、複雑なプログラミングコードの作成まで可能で、精度も高く、巷では「プログラマーがいなくなる」との噂もあるほどです。是非、参考にしてみてください。

Openai chatGPT(AI)とは

OpenAI ChatGPTは、OpenAI社が開発した自然言語処理モデルです。

オープンAIのGPT-2(Generative Pre-Training)モデルを活用して、自然言語を使った会話を可能にするテクノロジです。このモデルは、自動的に入力テキストを理解し、文章を生成することを可能にします。OpenAI ChatGPTを使用することで、大量のテキストデータを入力することなく、自然な会話をすることが可能になります。

実は、上記の文章もAIで作成した文章そのものです。
このようにして質問に対して、自然な会話で的確な返答をくれるAIになっています。

chatGPTを使ってプログラミングコードを書いてみる

ではそんなchatGPTの機能を使ってプログラミングコードを作ってもらいましょう!

パターン1

■質問内容
以下のサイトでCSS「entry-card-wrap」が付いてるaタグをスクレイピングする全て取得するPythonコードを教えて。
https://kt-life.net/

■結果

import requests
from bs4 import BeautifulSoup

url = "https://kt-life.net/"

# URLを取得
res = requests.get(url)

# HTMLを解析
soup = BeautifulSoup(res.content, "html.parser")

# CSS「entry-card-wrap」が付いてるaタグを取得
entry_card_wrap = soup.find_all('a', class_="entry-card-wrap")

# 全て取得
for link in entry_card_wrap:
    print(link.get('href'))

実際にGoogleコラボレトリーでPythonコードを実施してみたら、一切のミスの無いコードに!
これは使えそうですね!

パターン2

GASのコードもここまで丁寧に書いてくれました。

スプレットシートの共有を「権限を持っている人」から「リンクを知っている人全て」にしておくと、chatGPTがアクセスして、上記のコードを書いてくれるという違いがあることを知り驚きました。

パターン3

HTMLはお手のものです。

以下を表形式にしてHTMLを書いて。と投げかけると。。。

以下の画像のように正確にtable表記のHTMLを書いてくれました。

以下が実際にAIが書いたHTMLをそのままペーストした表です。

項目内容
通貨数60種以上
スポット手数料Maker:0.04%〜0.20%
Taker:0.03%〜0.20%
操作性スマホでも取引・入金できる
口座開設簡単に口座開設できる
日本語対応日本語対応あり
特典下記から登録で初回ボーナスあり
登録リンクNexoへの登録は こちら

いかがでしたでしょうか?

私はエンジニアではないため、比較的簡単なものしか作れませんが、エンジニア脳の方にとっては、そのツールを応用して様々な用途に活用できると思います。

日本のAIサービスにおいて、catchyというツールが有名です。これは、ブログ・文字原稿作成などにおいてAIを活用して助けてもらうことができるツールです。詳しくは、以下の記事を参考にしてみてください。

AI
この記事を共有する
スポンサーリンク
スポンサーリンク
KT LIFE
タイトルとURLをコピーしました